敬老の日について

敬老の日は昭和29年に設けられて、昭和41年に祝日になりました。年長者を敬うための日として親しまれていますが、最近ではご年配の方でもまだまだ仕事が現役で、祝っていいものか迷うパターンも増えてきているみたいですね。

何歳ぐらいから敬老の日でお祝いする?

例えば還暦になる61歳では仕事もバリバリしている人も多いので、「私はまだ年寄ではない!」と思っている人も多いですね。だからこそ、いつになったらお祝いするかは、人それぞれなので一番いいのはそれとなく本人がどのように思っているのかを確認するのが一番です。

もう孫ができて子供から「おじいちゃん」「おばあちゃん」と言われていれば、孫からのプレゼントでしたら抵抗なく敬老の日の贈り物を受け入れられると思います。
実際に似顔絵での敬老の日のお祝いでは「孫がおじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントする」というパターンが結構多いですよ。

贈り物の時は一言添えて

敬老の日のプレゼントでは、お送りするときに一言を添えてプレゼントしたいですね。改めて感謝を伝えるために「敬老の日おめでとう。お体には気を付けて。いつまでも元気でいてね。」ご本人様を思いやるちょっとした一言でも、非常に嬉しいものです。
当店では似顔絵で無料でメッセージをお入れしますし、思いを伝えるお名前ポエムの似顔絵もお作りできますので、是非ご活用ください。

このページの先頭へ